アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ひとりごと」のブログ記事

みんなの「ひとりごと」ブログ


色々あった9月

2018/09/28 19:06
今月は、台風やら地震やらで、気が休まらない月ですね


又、強い台風も近づいて来ているようですし、被害が出なければいいのですが、ちょっと心配です。


私は、今月から、ぼちぼちとお店に出ています。

体の調子も、だんだんと元に戻ってきて、あまり気を使わなくても動けるのが嬉しー

でも、無理しないように頑張っていきたいと思いますます

お客様から、温かいお言葉をかけて頂き、又頑張ろうという気力も湧いて来ます。

お心遣いに、感謝申し上げます

色んな事があり過ぎて、心も折れそうな時もありますが、前を向いて行きたいですね?

お店の入り口に、新しいマトリョーシカが飾ってあります。

「ハリネズミ」なんですが、最初、タヌキにしか見えませんでした


画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


元気にしてます

2018/08/23 10:48
ここの所、雨降りの日が多くて、すっきりしない日も多いですね。

急に、寒くなったり暑くなったりと、体調を崩していませんか?

私は、退院してから、1週間が経ちました。

退院当時は、前屈みで歩くのが精一杯!

階段の登り降りも、普段使わない手すりにお世話になり、ヨロヨロしていましたが、今は、かなり動けるようになって、家事も普通にこなし、可能な限り散歩したりと、日々、回復している様な気がします。

表面のキズや、体の中の痛みが少しありますが、これも時期に治って行くのでしょうね?


今回、初めての手術という事で、術前検査やら、自己血の準備、全身麻酔と硬膜外麻酔…などなど、不安材料ばかりで、どうなる事かと思っていましたが、特に何も無く、無事終了出来て「生きてて良かった?」と、心から思いました。


手術室に入って、手術台のベッドに寝てからの準備の早い事

あれよあれよと言う間に、心電図、血圧、横になって丸まり、硬膜外麻酔の針を刺し、体勢を戻して酸素マスクを付けて、「はい!2回深呼吸して下さいね?」と言われ、「これから麻酔の薬入りますよ?」との声が聞こえて、「いつ眠くなるんだろう?」なんて思っていたら、気がつくと、病室のベッドの上でした。


麻酔から覚めた時は、喉の違和感と乾燥が辛いのと、血栓予防の為の、エアーマッサージ機がついていて、身動きが取れない!両手には点滴…
術前に採っておいた自己血も、体に戻したようでした。

痛みの事が一番心配でしたが、硬膜外麻酔も、自分でカチッっと押して追加する事が出来るし、それでもダメなら、看護師さんを呼んで、別の痛み止めを点滴から入れてもらったりして、何とか乗り越える事が出来ました?

次の日からは、もう、体を起こしてご飯を食べて、歩けるようなら尿管を外すと言われたので、頑張って立つと、以外にスッと立ち上がって歩けたのには、びっくりしました。

それからは、1つづつ体の管が外れて行くのが嬉しかったですね?

最後のドレーンが取れたのは、退院の前日でしたので、それまでシャワーも浴びれず辛かった?


入院前に髪をバッサリ切って、ショートヘアになっていたので、寝癖が酷く、ずっと、ヨーコ.フチガミ先生風のターバンを巻いて、誤魔化していました

ついこの前の出来事ですが、懐かしく感じたりします。

同じ手術でも、人よって感じ方も全く違うし、痛みや術後の経過も違いますね!

とにかく、腹圧をかけないようにと言うか、お腹に力が入らない!
今まであった子宮が無くなって、内臓達も、自分のポジションに戸惑っているのかな?なんて思ってます。

普通に動ける何気ない毎日が、どんな素晴らしい事なのか、再確認致しました?

うちのおじいちゃん猫のピーコも、立派に留守を守ってくれました?

主人がしっかりと面倒を見てくれていたので、私も安心して入院生活を送る事が出来ました!


画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1


試練の1週間

2018/08/14 17:39
あっと言う間に、お盆が来てしまいました


時が経つのも、早くてびっくりしますね!

私は、7月後半から、緊張と恐怖とが混ざり合って、ストレスで血圧が高い日が続きました。


初めての手術が控えていたので、ビビリまくりです

「腹腔鏡下膣式子宮全摘手術」です。

ついでに、卵管も…

数年前から、過多月経に伴う貧血が酷く、体調不良になる事も多々あり、手術は頑なに拒んで来ましたが、今年に入ってからも、決定的な出血の多さで覚悟を決めて、手術に踏み切りました

札幌の中心部にあるN病院に、お世話になる事に決まってから、数ヶ月、落ち着かない生活を送っていましたが、とうとう本番が来てしまいました?

今回、お盆のお休みが変則的になったのも、この為のお休みでした

9日に入院し、10日に手術をし、15日に退院と言うスケジュール。

色んな説明を聞いたり、同意書にサインしたりしていると、「いよいよだわ?」と諦めもついてきて、緊張も無くなっていました。

医師、看護師さんや、薬剤師さんやら、皆さん親切で、安心してお任せ出来る?と、恐怖も飛んで行きました


子宮筋腫がある女性は、かなり多いと思います。実際、手術なさったお客様も、チラホラ話を聞きます。放置していいタイプだったり、薬物療法や手術、色んな治療法があります。私も、最初は対処療法で、無くした鉄分を補うのと、止血剤を使うと言う治療法を選択していました。

メリット、デメリットはありますが、私は、「こらからの人生、もっと楽しみたい」と言う気持ちが強かったので、今回、手術を選択しました。

子宮をなくす事は、女性にとって考え深いものがあると思います。

私は今まで、ネガティブな思いしか子宮に投げかけていなかった事に気づいて、最近は、逆に、「今まで、ありがとうねっ!」って、お腹をさすってあげてました。


手術方も色々とあるので、自分に合ったものを選択できれば、体も気持ちも楽に暮らしていけますね。

今回は、家族にも沢山サポートして貰って、本当に有り難かったです

自分も体験してみて、病気や怪我など、人の痛みが良くわかりました。

色々と学ぶ事が多く、体にキズは出来ましたが、それ以上の収穫があり、無事に手術も終わり、生かされている事に、本当に感謝です。


同じ病室の70代のおば様がいいキャラをしてて、なんだか、緊張がほぐれたような気がします。同じ時間に、手術室に入った方とも、後日お話する機会があって、色々と話せて楽しかったです。

人は、それぞれに役目があり、経験する事も違いますが、それを乗り越えながら、人生を歩んでいくんですね?

人とは比べない!私らしく、私の人生を楽しみながら、歩んで行きたいです。

しばらくは、主人1人の営業ですが、体調が戻れば又、お店に立ちますので、宜しくお願い致します


この事も、プライベートな事なので、別に書かなくてもいいか?と、思ったのですが、色々とお役に立つ事があればいいなぁと思ってベッドの上で書いてみました。


うまくいけば明日退院


今日は、ゆっくり寝ようと思います



画像


入院のお供に、「ノラネコぐんだん」のクッションを持って行きました?
笑える?
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


トップへ | みんなの「ひとりごと」ブログ

ミーツの小部屋 ひとりごとのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる